千代田エコシステム(CES)とは

千代田エコシステム(CES)とは

『千代田エコシステム』とは、2008年1月に施行された「千代田区地球
温暖化 対策条例」に基づき定められた、千代田区独自の環境マネジメント
システムです。Chiyoda Eco System の頭文字をとって、CESの略称でも
呼ばれています。
この環境マネジメントシステムとは、権限・責任を持った人(グループ)が、
エコの方針や目標を決め、目標達成のため、組織を適切に指揮・管理する
「仕組み」 のことです。

千代田区に住んでいる人は6万5千人ですが、一方で区内の企業や学校に通勤・通学
してくる人は85万人にものぼります。
区の環境改善のためには、住んでいる人だけではなく、働いたり学んだりしている人の
努力が欠かせません。
そこで、区にかかわる様々な立場の方が参加することができる「3タイプの仕組み」が
必要となります。

具体的には、「環境負荷の少ない資源循環型都市・千代田」の実現や地球温暖化対策
推進を目標に、区民や事業者など多くの人々と、「住み、働く人々が協力し合う環境に
やさしいまち」を作っていくことを目指しています。

千代田エコシステム(CES)への参加のしかたは?

これを推進していくために、其々の立場で、参加や導入できる仕組みがあります。

・環境意識の啓発(旧クラスⅠ)
千代田区在住の個人、通勤・通学の個人などが対象
日常生活の中で個人単位で取り組む活動で、各種イベント、環境に関する情報紙「エコチヨ」や
イベントへの参加(無料)でエコ意識を高め、生活に取り入れる。
・環境配慮宣言(旧クラスⅡ)
個人商店(事業主)などが対象
事業活動の中で取り組む活動で、節電やゴミの減量などの関心事項について目標や計画を設定し、
自己点検までを行う。
・クラスⅢ
事業者や教育機関、団体などが対象
アドバイスを受けながら行動計画などを作成し、Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Act(改善)
しながら(PDCAサイクル)導入し、年に1回、(一社)千代田エコシステム推進協議会の監査員による
監査及び認証委員会による認証を受ける(クラスⅢ:有料)。

(一社)千代田エコシステム推進協議会の役割とは

この『千代田エコシステム(CES)』を、より一層、千代田区内で推進する一翼を担っているのが、
(一社)千代田エコシステム推進協議会です。 私たちは、以下のような業務を行っています。

千代田エコシステム(CES)にのっとった、監査と認証 クラスⅢ事業
CES環境活動普及助成制度の実施
環境イベントの実施、協賛
養蜂事業の実施
『エコチヨ』『御仕事”恵呼化”見本帖』(3号より千代田区発行)など、エコ啓発冊子の発行、頒布
・『CO2削減普及員』の育成
・再開発ビルの省エネ・創エネ相談
・学校や公共施設での出前授業の実施    など

※詳しくは、(一社)千代田エコシステム推進協議会についてのページへ