参加者募集! CES「ぶんぶんプロジェクト」講座

CES(千代田エコシステム推進協議会)では、2017年度から日比谷図書文化館の屋上で養蜂事業を開始しました。周辺には皇居や緑化されたビルが多くあり、ミツバチの蜜源に恵まれています。本事業は、ミツバチを飼育し、採取したハチミツの販売により、環境教育活動を実施することを目的としています。
今回の事業は「ぶんぶんプロジェクト」と題して、ミツバチの生態を通して自然環境のつながりを学ぶ講義と、貴重な蜜蝋(みつろう)を使ってキャンドルを作るワークショップの2回シリーズで開催します。皆様のご参加をお待ちしております!

案内チラシ(pdfファイル)

開催日時

第1回 3月10日(土)10:30~12:00 (受付は10:15~)
第2回 3月17日(土)14:00~16:00 (受付は13:45~)

プログラム

第1回 「都心で行う養蜂の魅力と楽しみ方」(講義)
■参加費:無料

都心部は花壇や街路樹が多く、一年を通じてたくさんの種類の花が咲くことから、ミツバチにとっては暮らしやすい環境だと言われています。近年では、銀座や新宿など都心部での養蜂が注目され、蜂蜜を扱う専門店も増えてきました。私たちは昨年から日比谷図書館の屋上で養蜂活動を開始しました。ミツバチの飼育をしてみるとミツバチたちが一生懸命に生きる姿に励まされたり、不思議な生態に驚かされたりします。もちろん、しぼりたての蜂蜜の味わいは格別です。私たちは、千代田にかかわる人びとが、この養蜂活動を起点としてつながり、環境意識の向上につながることを期待しています。今回は、都心部での養蜂に詳しい専門家・藤原愛弓さんをお招きして、千代田区での養蜂の魅力と可能性、楽しみ方についてお話を伺います。

第2回 「親子で蜜ろうキャンドルを作ろう」(ワークショップ)
■参加費:お一人500円(材料費として)
■持ち物:ホールトマト缶くらいの大きさの空き缶(あれば)、軍手または鍋つかみ

蜜蝋は、ミツバチの巣を精製したものです。おなじみの六角形の部屋(巣房)をつくる際に、働きバチは腹部にある8つの分泌腺からうろこ状の蝋を分泌します。働きバチは薄い紙のような蝋片を、脚をつかって上手に口に運んでは咀嚼し、こねて、驚くべき正確さで正六角形の巣房をつくるのです。 口に入れても安全なので、キャンドルの他、クリーム等の化粧品、食品のコーティング(カヌレが有名)、クレヨンなどにも使われます。その成分と和らぎのある炎から癒し効果も確認されている蜜蝋のキャンドルを、親子で楽しみながら作ってみませんか?

会場

※会場が異なりますのでご注意ください

第1回:かがやきプラザ 4階 研修室1(千代田区九段南1-6-10)
アクセス方法:東京メトロ東西線・半蔵門線・都営新宿線九段下駅から徒歩5分
募集人数:30名(千代田区在住・在学・在勤の方)

第2回:富士見区民会館 4階 洋室D(調理室)(千代田区富士見1-6-7)
アクセス方法:JR・東京メトロ東西線・有楽町線・南北線・都営大江戸線飯田橋駅から徒歩5分
募集人数:20名(千代田区在住・在学・在勤の親子)※子供は5歳以上が対象 ※中学生以上は単独参加可

お申し込み方法

一般社団法人CES(千代田エコシステム推進協議会)宛てに、下記のいずれかの方法でおねがいします。
(締切り:3月7日(水) 先着順)

電話:03-5211-5085 (受付時間 10:00~17:00)
FAX:03-3221-3405
e-mail:info@chiyoda-ces.jp